2016年12月8日木曜日

「博多祇園山笠」、ユネスコの無形文化遺産に!!

 平成28年12月1日(日本時間)、「博多祇園山笠」をふくむ日本全国33件の「台・鉾・屋台行事」の祭りが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されました。それを記念して、江戸時代の終わりから大正時代までの山笠の絵を展示しました(作品保護のため期間限定:平成29年1月29日まで)。

 


江戸時代の山笠の絵師・三苫氏の描いた文政9(1826)年の姿、山笠が最も高かったといわれる明治5(1872)年ごろの姿、明治中ごろの博多の近代化によって、高さがだんだんと低く、逆に太くなっていた様子、豪華な飾山と舁山に分かれて以後の、大正時代の飾山の姿など、時代による移り変わりをご覧ください。
Posted by 又野

2016年12月3日土曜日

本日は小呂島DAY!15:30から子ども達が島の芸能を披露します。

おはようございます。
本日の福岡市博物館は小呂島DAY!

お天気にめぐまれました〜!

15:30から、博物館のグランドホールで、小呂島の子どもたちによる芸能「三番叟(さんばそう)」の実演があります。
学芸員による小呂島のことを紹介するミニレクチャー付き。






小呂島は、玄界灘に浮かぶ島。福岡市の最北端です。
ここには、島のくらしと人々の絆に根ざした特色ある文化があります。

小呂島の文化を発信する日が、小呂島DAY。

グランドホールの「三番叟」のご披露に加えて、小呂島関連展示をクローズアップした常設展示室ギャラリートークも開催。
また、小呂島の昔の写真などから小呂島紹介コーナーも特設します。

ぜひ、ご来場ください。







「小呂島DAY」は、博多湾岸《金印ロード》資源活用プロジェクトの一環として行います。
文化庁の「平成28年度 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」の採択事業です。


博多湾岸《金印ロード》資源活用プロジェクトについてはこちら


posted by shanshan








2016年12月2日金曜日

You can see the whole museum for just 200 yen!! And you’ll get to see more than 2000 treasures!! Enjoy the culture of Fukuoka!

Fukuoka City Museum is now holding two special exhibitions:
 “The First Public Exhibition of Newly Acquired Objects in Fukuoka City Museum 28th” 
“Fukuoka City in the Taisho and Showa Periods: Arrow Gou, a Car, and the Period It Had Been Running Through”.
The ticket price for both exhibition rooms is 200 yen. It even includes free entrance to the permanent and feature exhibition rooms. Yes, you can see the whole museum for 200 yen now!


For just 200 yen, you’ll get a chance to be exposed to large number of hidden treasures of Fukuoka!! Remarkable, don’t you think?

At “The First Public Exhibition of Newly Acquired Objects ” 28th, you can see our latest gathering of cultural properties and the result of the research. 


At the “Fukuoka City in the Taisho and Showa Periods: Arrow Gou, a Car, and the Period It Had Been Running Through”, you can expect to learn all about a car called “Arrow Gou”, which is the oldest Japanese made vehicle still in drivable condition 100 years after its creation.

【Admission Fee】
200 yen
【Opening Period】
Saturday, November 19th, 2016 to December 25th 2016

Posted by Takamura

2016年12月1日木曜日

福岡を空と海という視点から振り返る―市史講演会を開催しました

11月26日(土)に博物館講堂で市史講演会を開催しました。

数日前からぐっと冷え込んでいることに加え、当日はなんだか雲行きのあやしい空模様。どれくらいの方に来ていただけるのか心配でしたが、開場時間になってみれば、150人近い聴講者がお越し下さり、みなさまの熱意に後押しされつつ、開幕!

まずは館長からのご挨拶

講演会は講演2本にセッションという3部構成。講演2本はそれぞれ講演会タイトルでもある「空の福岡」「海の福岡」に対応しており、ふたつの視点から福岡市の足跡をたどってみようという試みです。

まずはじめは「空の福岡」。柴多一雄先生から、戦前の福岡で花開いた民間航空事業を軸に、明治から昭和にかけての福岡の発展についてお話しいただきました。

 柴多一雄先生(長崎大学名誉教授)
フムフム…どこに飛ぶにも福岡は中継地として重要なポイントだった、と…。
 
 
つづいて「海の福岡」。石橋知也先生から、戦後、福岡市が臨海部をどのように整備してきたか、当時の人々がどんな福岡の未来像を描いたのか詳しく講演いただきました。
 
 
 石橋知也先生(福岡大学工学部助教)
福岡市もはじめは北九州と同じく臨海工業地帯を造ろうと計画したものの、やっぱやめ! となったとか。
 
 
最後のセッション。講師のお二人と有馬館長との三者で、これまで振り返ってきた福岡の来歴から、これからの福岡の展望についてのお話がありました。
 
 
セッションの様子。これまでの福岡と、これからの福岡について
 
こんな感じで盛況のなか幕を閉じた講演会。全部で3時間とちょっと長めでしたが、ご参加くださったみなさまにはお礼申し上げます。本当にありがとうございました!
 
なおこの講演会の内容は、市史編さん室で発行している研究誌『市史研究 ふくおか』第12号(来年初夏ごろ発行予定、非売品)に掲載される予定です。
この研究誌は発行後、市内の図書館等に架蔵される予定ですので、聞きたかったけれど参加できなかった、という方はぜひご覧くださいね。
 
市史講演会、次回はまた来年の秋ごろ開催される予定です。どうぞお楽しみに~!

 
posted by たに

2016年11月29日火曜日

12月3日(土) 博物館は、小呂島DAY

今週の土曜日、福岡市博物館において、「小呂島DAY」を開催します。

小呂島は、玄界灘に浮かぶ島。福岡市の最北端です。

ここには、島のくらしと人々の絆に根ざした特色ある文化があります。
 


小呂島の文化を発信する日が、小呂島DAY。

常設展の中にある小呂島関連展示をクローズアップ。また、小呂島の昔の写真も、展示します。
15:30からは、博物館のグランドホールで、小呂島のことを紹介するミニレクチャーや、小呂島の子ども達による芸能「三番叟」の実演があります。

ぜひ、お越しくださいね。

※当日の天候や市営渡船の運航状況により内容が変わります。
状況が分かり次第、ホームページやSNSでお知らせしていきます。



右は、博物館の常設展示の一角。
小呂島では、かつて、島民の無病息災や大漁を願い、歌舞伎が奉納されていました。その衣装です。
小呂島の万年願歌舞伎については、詳しくはこちら
(リンク⇒アーカイブ>No.190 玄界灘に大見得を切る 小呂島の万年願歌舞伎


「小呂島DAY」は、博多湾岸《金印ロード》資源活用プロジェクトの一環として行うイベントです。
プロジェクトについてはこちら

Posted by shanshan

2016年11月26日土曜日

感謝状贈呈式って何に感謝してるの???

昨日11月25日に博物館資料寄贈者感謝状状贈呈式を行いました。

ちょっとよく分からないかもしれないので、簡単にご説明しますね。
福岡市博物館では毎年、市民の皆様から貴重な博物館をご寄贈いただいています。これまでの総件数は、何と14万件!!!そうです。博物館に収蔵されている資料は、市民の皆さまから頂いた貴重なお宝がたくさんあるんです!

その貴重なお宝をご提供頂いた寄贈者のみなさまへの「感謝のお気持ち」をお伝えする場が感謝状贈呈式。今年度は平成25年度にご寄贈いただ方々へ感謝状を贈呈させて頂きました。新しく収集した資料は2年にわたって整理と調査を行いリスト化したのち、『収蔵品目録』を作成しています。このため、贈呈式が28年度となります。

ご寄贈いただいた方々、お一人ずつ有馬館長から感謝状をお渡しします。

こちらが『収蔵品目録』。寄贈・寄託・購入資料2,354件を収録しています。


寄贈者の皆さまには、貴重な資料から選りすぐりの300点余りを展示している「第28回新収蔵品展 福岡の歴史とくらし」をご観覧頂きました。一人ひとりの思いが込められた資料を感慨深くご覧になられていらっしゃいました。

ぜひ、あなたも市民のお宝をその目で確かめてください!今なら、何と200円で特別展「大正・昭和の福岡市−アロー号とその時代−」「常設展・企画展」もついて来ます〜♪

posted いわさ



2016年11月23日水曜日

福岡市博物館館長が福岡テンジン大学「福岡の魅力の源泉」を発掘する授業の先生に!

昨日、館長ブログを更新した有馬館長。実は福岡市博物館館長だけではなく、いろいろな顔をお持ちです。館長ブログにもある市史粉塵の福岡市史編集委員長。そして...福岡テンジン大学の学長も!

福岡テンジン大学は、「街がキャンパス」を合言葉に、様々な学びの場を提供しているプロジェクト。そんなテンジン大学で館長が先生になる授業が11月30日(水)に開催されます!授業案内を見てみると...



タイトル:[イムズでカンパイ!]なぜ福岡はダントツで住みやすい!と言われるのか

九州中からヒト・モノ、そして文化・情報が集まる福岡の街。そんな福岡をリードしてきた天神のど真ん中で、まだ知られていない「みんなが気になるアレの裏側」を知りみんなでカンパイしながら、福岡について再発見する授業です。

今回は、住んでいる人も、訪れた人も「福岡っていいね!」と言わせてしまう、この街の不思議、あなたがまだ知らない「福岡の魅力の源泉」を発掘していく授業です。先生は、福岡へ移住して4年になる「福岡移住計画」を立ち上げた須賀先生とともに、福岡の歴史も文化も知り尽くしているだろう「福岡市博物館」の有馬館長に「福岡の魅力の地層」を伺っていく対談授業。

テンジン大学ホームページ 授業案内より抜粋 http://tenjin-univ.net/class/18843/



カンパイしながら授業を受けれるなんて楽しそうですね〜。きっと館長は、いつもより更に饒舌に「上書き都市」「都市福岡をキワめる」を語られるでしょう(笑)

11月26日(土)には、テンジン大学の予習にぴったりの市史講演会「空の福岡、海の福岡-近代都市福岡の来歴を語り直す-」も開催されます。参加したアナタには、きっと新たな福岡を発見できるはず!



ちなみに市史講演会のバナーで使用されている右側の図。館長ブログでも話題にされていますが、前田虹映が昭和10年代に福岡市の観光図です。よーく見ると、当時の福岡市役所などの建物や、車、電車、飛行機などの乗り物が描かれています。


前田虹映「観光乃福岡市」(原画、福岡市博物館所蔵)

こちらの観光図は、現在公開中の「大正・昭和の福岡市-アロー号とその時代-」で実物をご覧いただけますので、直接見ていろいろ探してみてください。(私は自宅周辺の○○山周辺を探してみました♪)

「市史講演会」「大正・昭和の福岡市-アロー号とその時代-」「テンジン大学」は、まさにお得な3点バリューセット!ぜひバリューセットを満喫してください〜。



posted by いわさ