2017年8月21日月曜日

学芸課長のつぶやき1「いよいよ・・・」

いよいよ「よみがえれ!鴻臚館」展が始まります!

福岡市博物館では、毎年秋、福岡の歴史をモチーフとした特別展(福岡市博物館が自主的に企画する展覧会なので「自主企画展」とよびます)を実施します。
今年の秋は、「よみがえれ!鴻臚館」展。

鴻臚館って何?と思われたあなた、福岡の人ではないですね?

鴻臚館→「こうろかん」と読みます。

昭和62年に、かつての西鉄ライオンズの本拠地である平和台球場の改修工事に伴って発見され、当時新聞の1面を連日にぎわせた大遺跡。とはいえ、それも30年前のことで、詳しく覚えているのは、50代以上か・・・(実は私も50代)。

(写真は、30年前の記念すべき発掘調査(平和台球場スタンド))


鴻臚館とは、奈良・平安時代にあった日本政府の迎賓館(のようなもの)で、発掘調査では、奈良の正倉院にあるようなものが次々と見つかりました(とは言っても、いずれも破片ですが)。

今回の展覧会は、30年間の発掘調査で出土した貴重な出土遺物とともに、京都や東京から、平安時代をしのばせる美術品もお借りして展示します。
その詳細な内容はおいおい紹介するとして・・・
そもそも展覧会の企画はどのようにして決まるのでしょうか。

福岡市博物館では、おおむね2年前からスタートします。

福岡市博物館には、歴史学・考古学・民俗学・古美術学を担当する学芸員がおりますが、学芸員たちが9月に会議をやって、「2年後の展覧会は何にしよう?」と話し合います。

「福岡城をテーマにしよう」「邪馬台国はどうだ」「九州の仏教美術がふさわしい」など喧々諤々。殴り合いをすることもなく、話し合いの結果、みんなが譲り合って、展覧会の内容が決まります。だって、展覧会の担当者になると、どっと仕事が増えちゃうじゃん・・・

平成27年の会議で決まったテーマは「鴻臚館」。名乗り出た勇気ある学芸員は、30代の考古学担当。ちょうど平成29年が発掘開始30年であるため、とりあえずつけたタイトルが
「唐物と鴻臚館 ~鴻臚館跡発掘30周年記念特別展~(仮)」。ちょっと今と違いますね。

展覧会の概要が決まると、すぐに「調べもの」が始まります。福岡市博物館の特別展示室は1,500㎡!地方館ではまれにみる広さで、国立博物館並み(九州国立博物館も1,500㎡)。
(写真は、広い展示室の様子。これでもまだ一部です。)

この広さを展示物で埋めつくすのは、少々の点数では埋まりません。平成27年度は来る日も来る日も、関係書籍を繰り、コピーをし、台帳を増やし続ける毎日です。こうして27年度は暮れていきます。


次回は、前年度のはなし。

posted by.米倉

2017年8月10日木曜日

Feature Exhibition: Lady palanquins of Kuroda Family -The most elegant transportation method of the samurai period.

 In the Edo period, members of noble families used palanquins as their means of transportation. The design is strictly designated by rank of the family. Especially, lady palanquins of samurai families were highly decorative. A design called 梨子地 Nashikochiwas the best of all. The lacquer used on the vehicle contains gold and silver glitters. 


To make it more gorgeous, unique patterns and family crests are embedded on top. In this exhibition, we will be showing two lady palanquins from the Fukuoka Clan and the Akitsuki Clan.



By seeing the family crest, we can tell Palanquin #1  belonged  to the lady of the Fukuoka Clan.

Palanquin #1
The other one is said to be a palanquin used by the lady of Nagatsugu Kuroda, 9th lord of Akitsuki Clan.


 
There are not so many lady palanquins left today. These two were  fortunately  preserved, for they have long been displayed in places such as  banquet halls  or   hotels. 

Appreciate the  palanquins and have a glimpse of how  gorgeously ladies of samurais were living in the past.

Posted by Takamura

2017年8月3日木曜日

グランドホールの人形展示替えを行いました!

休館日の7月31日(月)、グランドホールの博多人形展示替えを行いました。今回作業をしてくれたのは、学芸員実習に参加の16名の学生の皆さん!戸惑いつつもなかなか手際よく進めてくれていましたよ!


台を取り外しているところ。なかなかの力作業です。

前回展示分の人形梱包を終えたばかりの、実習生の古川さんに感想を聞いてみました!


 今秋公開の展覧会、「よみがえれ!鴻臚館―行き交う人々と唐物―」のポスター前で。古川さんもおススメの展覧会です!

初めての展示替え作業はいかがでしたか?
「素焼きの素材で、傷をつけないか心配でした。展示替えと一言でいってもただ単に展示物の入れ替えをするのではなく、梱包をする際は来年また展示するときに出しやすいように工夫をしながら進めていく必要があるのだなと感じました。」

 繊細な博多人形の取り扱いは、なかなか手がかかったようです。そのかいもあって、現在グランドホールには華やかな放生会、十日恵比寿の光景が展示されています!


未来の学芸員の皆さんが心を籠めて展示した、博多人形。是非見に来てください!

Posted by たかむら